発表論文リスト(2016年度〜)

 (整備中)
 
●2016年度
●【著書・招待論文】
 
●【論文誌】
●【国際会議発表】(査読付)
  1. Takahiro Katagiri, Masaharu Matsumoto, Satoshi Ohshima, The Eleventh International Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT2016) (In Conjunction with the IEEE IPDPS2016 ), Proceedings of IPDPSW2016, pp., May 27th, 2016, Chicago Hyatt Regency, Chicago, Illinois USA (2016)
        "Auto-tuning of Hybrid MPI/OpenMP Execution with Code Selection by ppOpen-AT" (A Short Paper)
  2. Satoshi Ohshima, Takahiro Katagiri, Masaharu Matsumoto, The Eleventh International Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT2016) (In Conjunction with the IEEE IPDPS2016 ), Proceedings of IPDPSW2016, pp., May 27th, 2016, Chicago Hyatt Regency, Chicago, Illinois USA (2016)
        "Utilization and Expansion of ppOpen-AT for OpenACC"
●【国内会議発表】(査読付)
 
●【国内会議発表】(査読無)
  1. 片桐孝洋、松本正晴、大島聡史、、第21回計算工学講演会、OS15: ポストムーア時代のATに向けて:最新研究と将来展望(1)、計算工学講演会論文集、Vol.21、 2016年5月31日(火) 9:30〜10:30 (2015)
          「ポストムーア時代に向けた階層型自動チューニング機能の性能評価」
  2. 片桐孝洋、竹田宏、堀端康善、第21回計算工学講演会、並列計算技術の進展と応用〜マルチスレッド型計算機の有効活用を目指して〜(3)、計算工学講演会論文集、Vol.21、 2016年6月1日(水) 13:15〜14:45 (2015)
          「DEMにおけるブロック化マルチカラー接触判定法の性能評価」
● 【招待講演・口頭発表】
  1. Takahiro Katagiri, Masaharu Matsumoto, Satoshi Ohshima, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP16), MS55 Auto-Tuning for the Post Moore’s Era - Part I of II , 2:40 PM - 4:20 PM, Organizer: Takahiro Katagiri (University of Tokyo, Japan), Toshiyuki Imamura (RIKEN, Japan), Osni A. Marques (Lawrence Berkeley National Laboratory, USA), Universite Pierre et Marie Curie, Cordeliers Campus, Paris, France, April 12-15, 2016.
       "Auto-Tuning of Hierarchical Computations with ppOpen-AT " (オーガナイザー、口頭発表)
  2. 片桐孝洋、松本正晴、大島聡史、2016年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2016)、オーガナイズドセッション(ショートOS)「エクサスケールコンピューティングに向けた自動性能チューニング研究の進展」、HPCS2016論文集、13:00-13:45、2016年6月6日(月)、東北大学片平キャンパス 片平さくらホール(2016)
          「AT研究動向とAT専用言語ppOpen-ATの最新機能の紹介」 (オーガナイザー、査読付、口頭発表)


最終更新:2016年6月9日